宅浪や浪人生の人必見!受験生におすすめの勉強場所を紹介

受験勉強をしていると、なかなか集中出来ない時ってありますよね。

そういう時はもしかしたら勉強場所が適していないのかもしれません。

 

特に宅浪の人は、基本的にずっと家で勉強していると飽きてきたり、気が滅入ったりしますよね。

 

そう感じた時は気分転換に勉強場所を変えてみるのも効果的です。

宅浪で旧帝大に合格した私が、受験生特に宅浪生におすすめの勉強場所をご紹介します。

 

受験生、宅浪におすすめの勉強場所

受験生におすすめする勉強場所についてメリット、デメリットを交えながらご紹介します。

 

自宅

受験勉強の基本は「自宅」でしょう。

 

自宅で勉強するメリット

自宅で勉強するメリットはなんと言っても「自分の好きなタイミングで勉強出来る」ことでしょう。

 

夜寝る前に少し勉強したり、朝起きてすぐ勉強したりと、すぐに勉強を始められるのは「家」だけです。

また着替えたり、移動する時間がないため、時間をフルに受験勉強に費やすことが出来ます。

 

自宅で勉強するデメリット

一方で、家で勉強することの最大のデメリットは「誘惑」が多いことでしょう。

 

テレビやPC、漫画などがすぐ近くにあるため、気を許すと勉強をサボりがちです。

誘惑に負けやすい方は受験期間中は、テレビやPC、漫画を押入れの奥など簡単に取り出せない場所にしまっておくのが良いでしょう。

 

家で勉強していると「飽きてくる」「集中できない」という方は、自室ではなく、リビングやダイニングなどいつもと違う環境で勉強すると気分転換になり、勉強に集中しやすいですよ。

 

図書館

図書館もまた勉強場所の王道です。

実際よく勉強している人を見かけますね。

 

図書館で勉強するメリット

図書館での勉強は、何と言っても「静か」ですごく集中することが出来ます。

外で勉強する際に、図書館ほど静かな環境は他にないのではと思います。

 

周りで勉強している人も多くいるため、モチベーションも高くなります。

 

図書館で勉強するデメリット

図書館のデメリットは静かすぎるが故に、音読など声に出して勉強することができないことです。

 

英語の長文や暗記物をしているときは声に出すことが多いでしょう。

そうした類の勉強は図書館ではできません。

 

また図書館の多くはそもそも持ち込んだ教材での勉強を禁じています

 

自習が出来る図書館はそう多くないので、混み合っていることが多く席を確保できないこともありますし、遠方にしかない場合もあります。

図書館での勉強が機能するのは、自宅近くに自習可能な図書館がある場合でしょう。

 

カフェ

カフェで勉強する人も多く見かけますね。

カフェもまた勉強場所の王道です。

 

カフェで勉強するメリット

カフェのメリットは、「気軽さ」と「適度な雑音」です。

 

スタバやドトールなど、カフェは街のいたるところにありますから、気軽に入って勉強出来る良さがあります。

 

またカフェでは、誰かの話し声やレジなど、何かの「音」が発生しています。

完全な無音状態より、「適度な雑音」がある方が集中力が高まる、ということが研究の結果で明らかになっています。

 

カフェで勉強するデメリット

日中のカフェは良く混んでいます。

せっかく勉強のためにカフェに行っても、空いている席がない、というのが良くあります。

 

またママ友同士で会話をしていることが良くありますが、「適度な雑音」の域を越えて「騒音」となり全く集中できないことがあります。

ドリンクの値段もお高めなので、カフェをメインの勉強場所にするのには向いていないと思います。

 

何かの用事の後に、ちょっと入って勉強する時に活用するなどが良いでしょう。

 

ファミレス

勉強場所としてはマイナーですが、以外に使えるのが「ファミレス」です。

 

ファミレスで勉強するメリット

ファミレスのメリットはカフェとほぼ同じで、「気軽さ」と「適度な騒音」です。

そして、ファミレスはカフェよりも安いですし、席の取りやすさも断然上なので、通いやすさではカフェを上回ります。

 

カフェよりも話し声が多いため、音読も気にせず出来ることは大きなメリットです。

また食事も食べられるので、食事をとってその後すぐに勉強できて効率的です。

 

ファミレスで勉強するデメリット

デメリットはカフェ同様、「うるさすぎる」場合があるということです。

 

カフェは読者など静かに過ごす人が多いますが、ファミレスは基本そういった静かに過ごす人は皆無です。

 

ファーストフード店

マグドナルドやモスバーガーなどファーストフード店でも勉強することは可能です。

実際マクドナルドでは多くの生徒が勉強しているところを見かけます。

 

ファーストフード店で勉強するメリット

ファーストフード店で勉強するのは「手軽さ」でしょう。

いたるところにあり、かつ安い。

 

ファーストフード店で勉強するデメリット

デメリットは「とにかくうるさい」です笑

 

高校生、大学生が大声で話しているので集中して勉強することは難しいででしょう。

 

しかし、宅浪生であれば午前中など比較的空いている時間を狙えるので以外に穴場の勉強場所だったりします。

 

自習室

自習室はその名の通り、勉強する場所なので、勉強には最適です。

利用される人があまりいないのですが、おすすめの勉強場所です。

 

自習室で勉強するメリット

自習室のメリットは、「集中できる」、「モチベーションが上がる」ことです。

 

自習室では誰も雑談なんてしないので、集中して勉強することができます。

周りも勉強している人ばかりですので、「自分も頑張らないと」とやる気も高まります。

 

自習室で勉強するデメリット

自習室のデメリットはその値段の高さです。

 

月額一万円程度で借りれるところもありますが、受験生からすると一万円は大金です。

しかし勉強には最適な場所ですので、親を説得して一度試してみるのも良いと思います。

 

公園

意外な勉強場所が、「公園」です。

 

公園で勉強するメリット

公園で勉強すると驚くほど集中できます。

自然の中でリラックス出来るし、風邪の音が適度な雑音になって、かなり集中することができます。

 

それに公園で勉強するのはタダです。

気軽に立ち寄ってベンチに座って勉強出来るのもメリットの一つです。

 

公園で勉強するデメリット

公園で勉強すると大抵の場合、机はありません。

そのため数学や物理など計算が必要な勉強には不向きです。

 

最大のデメリットは「天候に左右される」ことです。

雨が降れば勉強出来ませんし、暑ければ勉強どころではありません。

冬場は寒くて風邪を引いてしまうのでおすすめしません。

 

大学

意外かもしれませんが、大学でも勉強することができます。

多くの大学は一般人にも開放され自由に出入りすることができます。

大学の図書館は通常一般人立ち入り禁止ですが、登録すれば入れるところも多いですし、食堂であれば出入り自由で好きなだけ勉強できます。

 

大学で勉強するメリット

大学で勉強する最大のメリットは「やる気」です。

 

有名大学や特に志望校であれば、「絶対合格してこの大学に通う!」と強い意思を持って勉強できます。

集中力も爆発的に上がりますので、おすすめです。

 

大学で勉強するデメリット

ただ多くの人にとって近くに大学はないでしょうし、志望校ならなおさらでしょう。

 

移動に多くの時間をかけるのはもったいないので、近くに大学がある人だけ有効な選択でしょう。

 

まとめ

家以外にも勉強場所はたくさんあります。

 

毎日ずっと家で勉強し続けられる人は多くないと思うので、自分のお気に入りの場所を2〜3見つけられると便利です。

 

自宅以外は移動の時間や準備の時間で無駄になるので、受験勉強の基本は「自宅」になると思います。

基本は家で勉強し、気分転換に外で勉強するというのがメリハリがついて良いでしょう。

 

みなさん是非自分のお気に入りの勉強場所を見つけて、受験勉強に弾みをつけてください。

自分が集中して勉強できる環境が整うと、合格がグッと近くなりますよ。

 

 

-大学受験

Copyright© 合格きっぷ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.